【ビルダーごっこ】バルサミノーの作り方②

バルサミノーの作り方2ビルダーごっこ

こんにちはー。なかなか進まないバルサミノーの作り方講座です。
途中で「匂い問題」が発生したため、作るのを中断してました・・・。

今日は「アルミ貼り~完成」まで行きたいと思います。長くなっても、今回で終わらせる!

あ、前回のはこちらです。

【ビルダーごっこ】バルサミノーの作り方①
釣りに行けないので、木を削って遊んでいます。これはこれで楽しいけど・・・テストできるのはいつになることやら。

アルミ張り

アルミ張りの材料ですが、私は100均で売ってる台所用のアルミテープで張り付けています。タバコの銀紙を剥離して使っている人、釣り具のストレッチシールを使っている人、色々居ます。

手に入れやすい、自分が納得できる素材を使ってくださいね。

 

①アルミシールにルアーの型を写し取り、切り取りますアルミ1
②アルミシールに模様を付けます。私はボルトを押し付けて模様を付けていますアルミ2
③空気が入らないようにルアーに張り付け、縁もしっかりこすりつけて完成アルミ3
④2回ほどディッピングして乾かします

着色~コーティング

着色方法もいろいろありますが、今回は「タミヤ 水性アクリル」を筆で塗ってみました。そして、筆塗りの難しさを痛感したのであった・・・的な感じです。

どうしても筆むらが出てしまいます。

エアーブラシだと絵の具の希釈が難しい、筆塗りだとムラが出て難しい。

ま、簡単にきれいには出来ないってことですよね!慣れです、慣れ。いっぱい作って自分にベストな方法を見つけましょう。

水性アクリルについて、良かったら比較記事も見てね

【ビルダーごっこ】水性アクリル塗料の比較(エアブラシ使用)
【溶剤の臭いと戦う!第壱弾】 バルサミノーのエアブラシ塗装で、溶剤臭に悩んでいるビルダーさん必見! 匂いが少ない&初心者でも使いやすい「水性アクリル塗料」を比較しました。タミヤとクレオス、リキテックスは実際に塗るとどうなるか?バルサに吹付けした発色テストも実施。

 

 

①全体を軽くやすり掛けします。少し傷をつけることで塗料が乗りやすくなります
②思う存分好きなだけ色塗りして、しっかり乾かします色塗り2
③塗料が乾いたらディッピング10回

リップ取り付け~完成

ラインアイとリップとの位置&角度&大きさで泳ぎが決まります。幅はルアーと同じぐらいで良くて、長さのほうが影響が大きいので注意が必要です。

リップが立ってるとウォブが大きめ&そんなに潜らない、寝ているとローリング大きめ&よく潜るとかいろいろあります。

が!

ルアーの重さとも関係するので、決めつけることができません。とりあえず1個作ってみて、試行錯誤してくしかないんですね。

 

①リップの型どりをして、切り抜く&周囲をやすりがけリップ1
②ルアーに取り付けようの切込みを入れ、
差し込んでみる(角度と深さに注意!)
リップ2
③リップに穴を開けるリップ3
④ラインアイを曲げてリップにフィットさせる&
接着剤でリップを固定する
⑤最後にディッピング1回で完成出来上がり

 

お疲れ様でしたー。ポーリーにやや似た「堀1号」の完成です!

まとめ

バルサミノーを作っていて思うのは、「とにかく自由!納得いくように好きなように作れる」ってことに尽きます。

狙う魚も、釣り場も、釣りのタックルも、ルアーを作る道具や材料も人それぞれ。綺麗に出来たから釣れるもんでもなさそうですし、自分が「投げてみたい」と思うルアーを作れるように楽しく精進しまっしょい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました