【ビルダーごっこ】溶剤の臭い問題

溶剤の臭い問題ビルダーごっこ

こんにちは。先日、ついに家族から苦情が来てしまいました。
塗装には匂いの少ない水性アクリル塗料を使っていましたが、下地とコーティングにはセルロースセメントを使用していたため「シンナー臭い」と言われてしまいました。
もちろん換気はしていますが、ディッピングする数が多かった日に怒られちゃった。

・・・反省。

そんな訳で「バルサミノー作りにおける匂い問題」の解決を目指すべく自分なりに調べてみました。
塗装については、水性アクリルのページを見てくださいね。

【ビルダーごっこ】水性アクリル塗料の比較(エアブラシ使用)
【溶剤の臭いと戦う!第壱弾】 バルサミノーのエアブラシ塗装で、溶剤臭に悩んでいるビルダーさん必見! 匂いが少ない&初心者でも使いやすい「水性アクリル塗料」を比較しました。タミヤとクレオス、リキテックスは実際に塗るとどうなるか?バルサに吹付けした発色テストも実施。

下地作り

下地には「柔らかいバルサにコーティングして、強度をもたせる」という目的があります。
下地作りにメジャーなのはセルロースセメント、2液エポキシ、(1液/2液)ウレタンでしょうか。
今使っているのがセルロースセメントで匂いがきつくて×、2液エポキシもそれなりに匂いがするようなので×、残るはウレタンはどうでしょう。

2液ウレタンは混ぜ合わせるのが面倒なので却下(笑)

残る、1液ウレタン(水性)で調べて見ると検索でよくヒットするのが「ACCEL(アクセル) ウレタンコートLR+」です。
ACCEL ウレタンコートには3種類あって。ノントルエン(トルエンはシンナーにも含まれている匂いのある有機化合物の一種です。例の匂いの元。)のものはLR+とMJ+とDXですが、どう違うんでしょうか。

どうやら「LRが基本的なバージョン、MJはLRより硬い、DXは旧セルロースセメントUVのUV無配合リニューアル版」らしい。が、「ノントルエン」とは言え「匂いがします」と書かれているブログがあったため今回はパスすることにしました。念には念を入れないとね。

水性ニスと水性ウレタンニスの違い

じゃー、もうダ〇ソーで売ってる「水性ニス」で良いんじゃないの!?と思いましたが、ウレタンが入ってると入ってないとではやっぱり違うみたい。

水性ニスはアクリル樹脂が配合されていて、乾いた後も柔らかさが残ります。
爪で押すと凹むけど、戻ってくる感じ。ということは、傷つきやすいけど、割れにくい。
ただ「乾燥後も水を吸う」とか「つまでもべたついて、コーティングも薄い」との口コミもあり。実釣するルアーには不向きかなぁ。

一方の水性ウレタンニスはウレタン樹脂が使用されていて、乾くと固い膜が出来ます。
強度はあがるけど、ぶつけた時はコーティングがばりっと割れる可能性もあるってこと。でも、水が染み込んでくるよりは良いでしょう。

これに決めた!

和信ペイントの「水性ウレタンニス」は食品衛生法に適合していて、菓子皿や箸などの食器にも使用できるとのこと。もうこれしかない!
さらに水で薄めることができますだって。これ、最高じゃん・・・

本格派なら「こんなものでは、話にならん!」となるやもしれませんが・・・所詮「なんちゃってビルダー」ですからね。水性ウレタンニスの方が買いやすい(ホムセンに売ってる)&ルアーを食べるわけじゃないけど、それぐらい安全なのが嬉しい。

そして、家族の抗議を受けないなら耐久性には目を瞑る!まぁ、完成品を販売できるぐらいになったら(なるのか!?)また考えます。「耐久性がやや弱い」というだけであれば選択肢としてはありだと思います。

仕上げのコーティング

仕上げは候補が2つ。
1つは下地にも使った「水性ウレタンニス」と、もう1つは「UVレジン」です。
水性ウレタンの場合は硬化まで20℃で90分ですが、レジンなら3分もあれば硬化することができます。

レジン液もこれまたダイソーで簡単に材料を買えるので助かります。
ただ格安レジン液でどこまでとぅるっとした艶のある(べたつかない)コーティングが出来るのか分からないため試してみました。

私が使っているUVライトはこちら。


ミノーの全体に指(手袋してね!)で薄くレジン液を塗り、ライトで各面を1分照射。つまようじで軽く表面のべたつきを確認して、足りない部分をさらにライトを当てます。
1層目が硬化したら2度目の塗りをしてさらに硬化。

さて、どうでしょう?

結果として、ダイソーのレジンだと3分当てても若干べとつきが残ります。ですので、これを天気が良い日に天日干しすると・・・あーら不思議!さらさらの手触りに。見事に硬化します。

どうですか?写真では見辛いですが、2度塗りで結構分厚い綺麗なコーティングが出来ました。

レジン2

「外干しなんて面倒だー」って場合は、レジン液を違うものにすれば大丈夫。「硬化が早く、べたつきが少ない」と謳っているレジン液を買えば解決します。もちろんお値段は高くなりますが、きれいに仕上がります。
ちなみに、20gで5㎝前後のバルサミノーだと20個はコーティング出来ます。

(参考価格)
ダイソー レジン液(ハードタイプ)20gで300円(10gあたり150円)
パジコ 太陽の雫(ハードタイプ)25gで1,155円(10gあたり462円)
  ※パジコはレジンの超有名メーカーさんなので品質はお墨付き
レジコ UV-LED対応(ハードタイプ) 100gで1,980円(10gあたり198円)
  ※パジコのバッ〇もんです。口コミによると匂いがきついみたい

 

レジン液を買う際は、コスパはもちろん「粘度・硬化時間&べたつき具合・気泡の出来やすさ」などいくつかの指標があるのでお気に入りを探してくださいね。

私はダイソーレジンがなくなったら次は「太陽の雫」を買う予定です。匂い少な目、硬化ばっちり、べたつき無し♪

 

レジンがあればミノーのリップを作ることもできるし、例のルアーも作れます(例のルアー→五時レンジャー「桃色カラコン」)。

それに、もしかしたら・・・全く新しいルアーを思いつくかも!?

まとめ

どうでしたか?

それでなくとも、家族から白い目で見られる趣味。なるべーく敵は減らしておいたほうが得策です。

コメント

  1. HAL より:

    いつもながら、感服します。
    レジン…
    衝撃には弱いです。割れます。
    お手軽に塗れるのは、カー用品のコーナーにある、タッチペン。
    結構使えます。
    コスパはイマイチですがf^_^;

    • まーさんまーさん より:

      HALさん、こんにちはー

      レジン、ソフトタイプなら割れないようなのですがミノーにはハードタイプが良いとかなんとか。個人的にもムニっとしてるより、カチ!とぅる!としてる方が好きなので・・・割れに直面したらまた考えますw

      カー用品のタッチペン?
      え!これって先が筆なんですね。存在を知らなかった。「試してみたい色」でも気軽に試せそうなので、ホムセンで見てきます。教えてくれて、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました