【フラタイch.】C&Fデザイン ペデスタルフライタイイングバイスのレビュー

フラタイch.

こんにちは。寒いですねぇ。 こたつ&みかんを愛しているまーさんです。

外に行きたくなーい、な時はタイイングするよねー
臨時収入+スーパーセールあれば、アレを買うよねー

というわけで、念願の
C&Fデザイン ”リファレンス”ペデスタルフライタイイングバイス」(CFT-9000)
を買いました。

 

ワッショイ!
祭り会場

 

タイイングを初めて1年足らずで3代目のバイスで、今回が最後の買い替えです。もうこれ以上の機能はありません。は〇れメタルの剣ぐらい最強。(個人の感想です)

 

半年間お世話になった2代目との比較、3代目のレビュー記事。どうぞ!

 

あ、初代から2代目への買い替え比較レビューはこちらです。

 

スポンサーリンク

 

これが ”リファレンス”ペデスタイルフライタイイングバイス(CFT-9000) だ!

1月某日。待ちに待ったブツが届きました。

普通の箱ですが、シールがかっこいい。C&Fはいちいちかっこいいんです(信者目線)

 

開封すると、部品が動かないようにきっちり収納されていますね。

箱もウレタンも捨てられないやーつー。

 

今回は併せて付属品も買いました。ダストポケットとサイトプレートです。

公式サイトの写真を見るとフル装備になっていますが、このダストポケット・サイトプレート・パラシュートツールは別売りなので注意が必要です。

パラシュートツールは今回買わず。あれ、便利なのかな??

 

組み立て

箱から勢いよく取り出しましたが、組み立ては簡単です。

難しいのはシャフトにはめ込むパーツの順番

上から
・サイトプレートのコネクター
・テンプハンガー
・ハックルゲージ
・ボビンハンガーのサポート
・ダストポケットのコネクター

たぶん、この順番通りに取り付けるのが良いと思います。もし、パラシュートツールがあるなら、サイトプレートのコネクタに縦に差し込んで使います。

下の画像はハックルゲージ取り付け忘れですが、忘れたら外して取り付ければ良いんで問題なしなし。

組み立てて一番手間取ったのがサイトプレートの角度の固定。コネクタの裏側に小さなネジ?があって、六角レンチで優しく締めれば角度が固定できます。

その六角レンチを差し込む穴を見つけるまで右往左往してしまいました。上下の位置を決めたは良いのですが、どこを締めれば良いか分からずダラーンとなって固定できないんだもん。

 

ソリッドバイスとの比較

ジョーの固定方法

ソリッドバイスはレバータイプ、C&Fはネジタイプです。

レバータイプに慣れてしまうと、ネジがめんどくさい。まだ慣れていないので、「あれ?どっちに回せば緩むだっけ?」と毎回考えてしまいます。

私は断然レバータイプの方が好きです。

 

マグネティックジョー

C&Fはジョー部分にマグネットが内蔵されているため、完成フライを外すときにポロっと落ちにくい!

小さなフックだと落とした時に探すのが大変なので助かります。

 

針を固定している高さ

シャフトの長さが違うから当たり前ですね。

画像の状態ではリンクアームが真ん中の位置になっているのですが、上下に動かすことでジョーの高さを変えることができます(上下動2cm)

下の位置で作業しているとパラシュートを巻くときに本体が邪魔なので、上の位置固定でも良いのかなー。まぁ、そこは人それぞれで。

 

ロータリー機能

前は「フルロータリーなんてイラネー」と思っていましたが・・・
ごめんなさい。嘘でした。

ソリッドバイスのロータリー機構も大変便利だったのですが、

「マテリアルの最初と最後はフックの裏側で巻き留めたい」(裏・横を使うとスッキリまとまるんです)

「小さいフライのヘッドセメント、裏側が塗りにくいよー」

「パラシュート、ハックル暴れてないかな?」

と気になる色々を解決するため、シャンクが水平を保ったまま360度回転するフルロータリー機能は最高!

〇ソリッドバイスのロータリー機構
ジョーを回転させると、フックシャンクが縦になってしまいます。

 

〇フルロータリー機能(水平ロータリータイプ)
ジョーを回転させてもフックシャンクは水平を保ったままです。

 

これだけのことなのですが、フルロータリー機能が付くとお値段やばいです。タイイング歴1年ですが、やばいお値段だけの価値はあるかなと思います。

フルロータリー機能にしたからといってタイイングが早くなるわけじゃありませんが、確実に美しく仕上げることができます。

裏側をしっかり見ながらタイイングすることができるので、マテリアルも頑丈の巻きとめることが簡単になります。

「無くても出来るけど、あればさらに出来る!」って感じですね。

 

 

 

 

まとめ

どうでしたか?

リファレンスペデスタイルタイイングバイス(名前長い)にはセンタリングシャフトがついていたり、テンプハンガーが同梱されていたり、見た目がカッコよかったり、左利きでも使えたりと色々てんこ盛りで「一生モノ」になるのは間違いなし。

タイイングが楽しい人には、熱くオススメしたいバイスです。

フライタイイングなんて趣味なんですから、自分の気に入った道具で遊ぶほうが楽しいです。

「仕事じゃないんだから、まじめにやれ!」ってやつですねw

コメント

  1. HAL より:

    豪気ですね〜✨
    すっかりフライに魅せられましたな〜
    プールがメインじゃ、勿体ないですよ。
    ネイティブにも進出で

    • まーさんまーさん より:

      HALさん
      コメントありがとうございます。

      フライの「タイイング」にはまってます(笑
      なかなか釣りには行けませんので…

      秋冬以外はネイティブしてますよ!
      クチボソとか、フナとか♪

タイトルとURLをコピーしました