【千早川マス釣り場】2012年6月①-釣果報告

千早川マス釣り場釣果報告千早川マス釣り場

こんにちはー。まーさんです。

今回は子供に「フライフィッシング」を体験してもらうべく、千早川マス釣り場へ行ってきました。キャスティングは出来ないので、のべ竿的な釣り方です。

 

釣行詳細:2021年6月14日(月)9:00~11:30、下池
釣果:(ほぼ)1キャスト1ヒット
使用タックル:インファンテ804-4UL、WF-4F+リーダー&フロロティペット(ステルスグレー)
主なヒットフライ:ドライフライ #12~14

 

まずは、ボトムから

暑い時期にエリアトラウトをするのは初めて。

何をどうすれば良いか分からないので、とりあえずいつも通り(冬の定番)インジケーターを付けてフェザントテールニンフを結びます。

ファーストキャスト。

すぐさまヒット!

 

大き目のニジマスが蛍光オレンジのインジケーター「ばくっ」と喰らいつきます。

 

あれ?そっち?

なんで?

沈んでいくフライには見向きもしません。これが、うわさの夏パターンというやつですか。

気を取り直して、仕掛けもやり直します。

 

次は浮かす!

フライケースを見て、愕然としました。

なんと、冬仕様なので沈む系ばっかりなのです!ニンフとか、マラブーとか。

準備不足

夏パターンなんて、8月とかの真夏だと思ってたのでドライをほとんど巻いてませんでした。

 

インジケーターを外し、偶然入ってたエルクヘアカディスを結びます。

あっさり、キャッチ。

 

キャストも「魔法ステッキを振るように、シュッとね!」という適切な(?)アドバイスによりフライが水面に柔らかく着水します。

着水する前に跳ね上がってくる猛者もいたり。

もう、何を投げても釣れます。1投1匹状態!

 

ドライフライは水分を取ったり、フロータントを付けたり、小細工をしないとだんだんと浮かなくなってくるんです。しかし、今回は弾数が少ない。

小細工重要なのですが、投げたらすぐヒット。

ランディングしてキープする人をスカリに入れている間に…気づけば、また釣れてる。そしてフライがのまれてるのを外す。

 

嬉しい悲鳴!

 

だんだんとフロータントが面倒でさぼってると沈む。しかし、沈むようになっても釣れる。むしろ、ぽっかり浮かすより水面べったりか、水面直下大ヒット

 

フックサイズは#14はだいたいのまれてしまいます(合わせが遅いからね)。#12でも小さく感じました。

やっぱり夏は#8か#10か。レギュラーサイズでも大きなお口でびっくり。冬は#14でもフッキングしないのに…

同じ魚なのかな?

 

フォーセップを無くしたり、エルクヘアカディスがずたぼろになったりと色んな事があった「接待フライフィッシング」は大成功のうちに終了いたしました。

 

 

晩御飯

千早川マス釣り場はルアー・フライ1チケットで5匹まで持って帰ることが出来ます。

今回は10匹お持ち帰りでしたので、天ぷらとアクアパッツァにしました。

(こちらは使いまわし画像)

 

 

 

スローループの1巻に載ってたのを見てから、ずっと食べたかったんだー。

美味しかったです。翌日でも美味しかった。

コメント

  1. HAL より:

    まーさん健在ですね
    ワンキャスト、ワンヒットは俗に言う入れ掛りですな
    アクアパッツァが美味しそうなんですけどー✨

    • まーさんまーさん より:

      HALさん
      こんばんは!
      「入れ掛り」っていうんですか?
      うふふ…楽しかったです。

      アクアパッツァはほんとーーーに美味しかったので、ぜひHALさんも作ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました