アントパラシュートのタイイング

スポンサーリンク
フラタイch.

こんにちは、まーさんです。

つい先日「春パターン1~4弾」を投稿したハズが…もう5月!夏です。
そんなわけで、今回からは夏パターンをお送りします。第1弾は夏の定番「アントパラシュート」

いってみましょー。

第2弾「チェルノブイリアント」はこちら↓

ちなみに春パターンの始まりはこちら↓

 

スポンサーリンク

アントパラシュート

アント=蟻(アリ)ですが、フックサイズは大き目でタイイングされることが多いです。#12~#18あたり。#12サイズがワラワラ居たらホラーですが、そこは気にしないとしましょう。

今回タイイングするのは「ハードシェルタイプ」のアントです。アブドメン(お尻)をレジンで固めるので、艶々のカチカチです。沈みやすく、壊れにくいフライとなっております。

タイイングのあとにほかのパターンも紹介しているのでぜひ参考にしてください。

今回使用したマテリアル

フック…マルトc46FWBL #14
ボディ…スレッド 6/0 Black + レジン
ハックル…コックネック Black
インジケーター…ハイビズドライウイング FLイエロー 2束で使ってます

手順

下巻き

6/0のスレッドで、ベンドの半分ぐらいまで下巻きします。
ボディを形成するときはスレッドの太い方が話が早いのですが、持ってなかったら8/0でも大丈夫。

アブドメンとヘッドを作る

好きなだけ巻いてください。
お尻と頭をぷっくりとさせて、真ん中は細くするとそれらしい形になります。このあとレジンでコーティングするので、スレッドがでこぼこでも大丈夫。

フックの形状によってはお尻をぷっくりさせ過ぎると、フッキングが悪くなるのでやり過ぎはダメです。

形が決まったら、アイの後ろでいったんフィニッシュ。

コーティング

レジンでコーティングしました。艶々でしょ?

レジン液は何でも良いのですが、100均よりはメーカー品が良いと思います。100均のは簡単に買えるのですが、硬化した後もややべとつくのが気になる。(個人的感想)

タイイング専用?だと「RAID ZAP」のレジン液が人気商品みたいだけど、売ってるところが少ないのがなぁ。ということで、私は手芸用の清原LEDレジンを使ってるしオススメします。Amazonで買える。硬化も速いし、つるつるに仕上がるのでお気に入りです。

 

ポストを立てる

真ん中の細いところにポストを立てます。
ここからは6/0のスレッドを使っています。8/0だとちょっともっさり感がする。

ハックルを取り付ける

立てたポストにハックルを固定。

ハックリングして完成

ハックルを巻いたあとは、ポストの根元でフィニッシュします。
難しければぷっくりヘッドの後ろ側でも大丈夫。アイのところまで持ってきちゃうと、切れやすいのでダメです。

 

アントのバリエーション

フライングアント
ボディをレジンコーティングするところまでは同じ。くびれ部分にハックルを縦巻きしたあと、CDCでウイングを付けています。
ハックルの下側をカットすることにより、肢っぽく見えるパターン。

 

ストレッチボディアント(ブラック)
ボディをスレッドではなくストレッチボディで巻いたパターン。CDCはウイングではなくインジケーターとして取り付けているので、ぶら下がりタイプです。

 

ストレッチボディアント(シナモン)
シナモンアントと呼ばれるパターン。赤褐色のアリを模しています。
ボディハックルにはブラウン系のハックルをどうぞ。画像のはコーチマンブラウンです。

 

まとめ

いかがでしたか?
基本的にパラシュートタイプがあれば良いと思いますが、反応が悪い時用にぶら下がりタイプも持って行きたいところです。

夏に向けてテレストリアル(昆虫)パターンが大活躍です。サイズも大きいので、巻きやすいですよね。

次回はアリ繋がりで「チェルノブイリアント」のタイイングです。不沈フライ!
よろしくお願いします。

 

---
まーさんの巻いたフライはこちらで販売中。
オーダータイイングも受け付けていますので、Twitterやフォーム等からコメントをよろしくお願い致します。

まーさんのフェザージグとフライのお店 | フリマアプリ ラクマ
まーさんのショップページです。102点の商品があります。こんにちは。ハンドメイドのフェザージグやフライ/毛鉤を販売しています。初心者のためお値段控え目で出品しています。メーカー品のような美しさや強度はありませんので、ご了承いただける方のみご購入願います。コメントをいただいてもすぐに回答ができない場合がありますが、できる...

コメント

タイトルとURLをコピーしました