【フラタイch.】テンカラ毛鉤を巻こう

フラタイch.

こんにちはー。まーさんです。

やっぱりフライタイイングとビルダーは違うなーと思い、カテゴリーを分けました。

フライを巻いていると子供がやって来て「今日もフラタイチャンネルやってるねー」と言うので、そのまま名前を使わせてもらいます。ちなみに、フラタイはフライタイイングの略で、YouTube大好きっ子なので勝手に「チャンネル」を付けてしまったわけです。

実際には動画はありませーん。

今までに巻いてたフライはインスタグラムに投稿しているので、良かったら見てね☆

 

では、さっそくいってみよー。今日のテーマは「テンカラ毛鉤」です。どうぞ!

 

スポンサーリンク

毛鉤とフライの違い

毛鉤を英語で言うと「フライ」なんですが・・・

フライのように作りこまず、簡素に巻いたものが「テンカラ毛鉤」と呼ばれるようです。

外国の川は日本と違い流れも緩やかで魚達にも余裕があります。流れてきたエサをじーっくりと観察して美味しそうなら食べる、違和感があるなら無視する。そのためフライは「マッチ・ザ・ハッチ」でその場に実在している虫を真似て、うっかり喰わせて釣ってやろう作戦。

一方、日本の川は流れが速く、何か流れてきてもはっきり見えず・・・魚も「とにかく食べとけー」なので作りこむ必要はなく、勢いで(?)喰わせて釣ってやろう作戦。

 

らしいですが、実際はわかりません。だって、魚じゃないし。

なんで?

 

まぁ、そういう違いです。

使う道具・材料

通常のフライタイイングと同じように、バイス(針を挟んで固定する道具)とスレッド(糸)&ボビンホルダーは必須。あとはハサミとかハックルプライヤーとかあれば便利かな。

 

 

材料は・針(フライ用の12番・14番・16番あたり)・羽は必須。ダビング材(ボディに巻きます)があれば色のバリエーションが広がるので、最初は明るい色と暗い色の1色ずつぐらいあれば良いのでは?

 

大丈夫。タイイングを始めると・・・自然と増えてきます(怖)

 

あ、ダビング材はいーーーっぱい種類(素材)があります。扱いやすいのは「繊維が細くて、柔らかかくて、長すぎないもの」です。ドライ用とかウエット用とか両方用とかあって難しいんです。まぁ、大量に使うわけじゃないので自分が使いやすいものを使えば良いと思います。適当でスミマセン。

100均で売ってる羊毛フェルトでも代用できますが、繊維がストレートなのでやや扱いづらいかな。適当な長さに切って揉んで癖をつければ少しは改善しますが、初めての人にはやはり専用品をおすすめします。

 

 

 

 

テンカラ毛鉤の3パターン

3種類を簡単に説明しています。手取り足取り詳しく・・・は先人達の動画を見た方が早い!

何個か巻けば、コツが分かってくるよ。そんなに難しくないYO

逆さ毛鉤

テンカラ毛鉤と言えばこれ!この羽の巻き方はフライにはありません。

①ヘッド部を作る

②取り付ける羽(今回はヘンフェサント)を成形

③表が上になるように取り付ける

④ハックリング(針に巻き付け)して、スレッド(糸)で止めつつ羽をまとめる
※巻いてる途中は羽が暴れますが、アイ側に優しく撫でつけながら頑張る。巻き終わったら根元をスレッドで固定すれば、羽がまとまります。

⑤ボディを作って、フィニッシュして完成
※ボディを作ったあとアイ側に巻き戻ってきたのでこの位置でフィニッシュでした

逆さ毛鉤

 

ボディの色が違うパターン

見えませんが、ヘッド部は黒になっています。そして、これはボディを作ったあと巻き戻ってこなかったのでこの位置でフィニッシュ。

 

 

②普通毛鉤

もう、いたって普通。毛鉤らしさ爆発の毛鉤です。

①下巻きのあと、ボディ(今回は白のストリップドピーコッククイル)を作る

②羽(白っぽくしたかったので、コックネックのグリズリー)を巻く
※正面から見たときに羽が放射状に広がっているのが美しい
※巻く回数はお好みで。薄くパラっと巻く人もいれば、こってり分厚く巻く人も居ます。

③ヘッド部を作って完成

 

 

③順毛鉤

普通毛鉤の羽を寝かしつけた形。従順な感じがするでしょ?

作り方は「②普通毛鉤」と同じです。最後に羽の根元を多めに固定して、羽全体が後ろ側に倒れるように整えます。

今回はボディにオーストリッチを使ったため、毛足が長すぎて・・・ミニモグラのようになってしまいました。

これでも釣れるんだろうか??

 

テンカラ釣りができる管理釣り場

埼玉県内にもテンカラ釣りが可能な管理釣り場ありますよ。

例えば「朝霞ガーデン」(ルアー・フライ混合池のみ可能)とか、冬なら「川越水上公園」、秩父にある「あしがくぼ渓谷国際釣場」などなど。

調べてみると意外とあるので、ルアーもやりつつテンカラもやる。とか、楽しいかもしれませんね。

フライフィッシングがOKでも、テンカラNGの釣り場もあります。事前に調べてから行ってくださいませ。

コメント

  1. ポテポテ より:

    フライ巻ける人は尊敬します・・・!!!
    最近、手元をじーっと見た後視線をずらすとピントが戻るのが遅めなポテポテおじさんでした。

    • まーさんまーさん より:

      こんにちはー
      フライ、意外と巻けますよ。かっこくするのが難しいんですよねー
      細かい作業が大好きなので、性に合ってるんだと思います。
      目はねぇ・・・机に固定できる拡大鏡があるんですw

タイトルとURLをコピーしました