500円の手袋がフィッシンググローブに変身!

完成タックル

こんにちは。

今日は釣針を縫針に持ち変えている、まーさんです。

ルアーチェンジの時に手がかじかんでルアーを落っことしてしまう事が何度もありました。そんなわけで、フィッシンググローブの購入を検討していましたが…意外と高いんですね。

手袋に数千円は出せず。

数週間悩んだ結果、ワゴンセールで買った500円の普通のグローブを「フィッシンググローブ」にリメイクすることにしました。

それでは、どうぞ!

指先のカットは何本?

調べたところだいたい5本カットか、3本カットか、カット無しのような気がしました。(2本カットもあるにはありましたが、マイナーっぽい)

寒いのが嫌で手袋するのに、5本カットは意味無いような…

かと言って、カット無しだと小さなスナップは掴みにくい。

となれば、3本カットになるのですが、「中指は何故カットされているのか?」問題が発生。

気になってしゃーないけど、まぁ、今回はスルーで。

外気にされされている面積が少ない方が暖かいはず。なのに、あえて「3本」カットしてるには何か意味があるんだとは思います。

 

だが、しかし!

 

私には良さが分からないため今回のリメイクでは「2本カット+親指はカバー多め」でいこうと思います。

 

指先にスマホ用の生地が別縫いされているので、これを基準にしてほどいてみましょう。

右手1

 

裏返してみると、別生地は挟んで縫われているようです。目安にしてほどきます。

裏側

 

キャスティングのときに引っ掛かるのが嫌なので、右手の人差し指は深めにカット。親指は指先が出ていれば良いので浅めに。こんな感じにしたいな。

右手2

 

ざくざくと縫えたら、こんな感じ。親指は甲の部分を残しました。少しでも防寒になれば・・・

右手3

 

左も同じようにしました。

左手1

縫い方のコツ

切っただけだとほつれてきそうだったため、切り口を折り返して縫います。

この時、見える方の縫い目は細かく、見えない部分は大き目に縫うと簡単で見た目が綺麗ですよ!

 

<おもて(見える方)>

おもて

 

<うら(見えない方)>

うら

完成

どうですか?

完成

500円には見えないですよね!

これからの寒い時期に、保温+手荒れ防止に役立ってくれるでしょう。

 

みなさんも、「洗い替え」に「メイン」に安い手袋をリメイクして使ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました