【自作】スプーンワレットを改造する

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

新年早々、自作スプーンワレットの容量を増やすべく改造してみました。

手作り感満載(そりゃ、手作りですからね・・・)ですが、使いやすくなったと思います。使った材料や手順はこちら。

どうぞ!

改造前

改造前2

改造前1

こんな感じで1ページだけスプーンを刺せるようにしていました。メッシュの部分には針の替えや、スナップを入れていました。

今までそんなに枚数を持って無かったので、事足りていましたがちょっと少ないなと思い始めましたので、ページ(?)を増やしすことにしました。

本当はプレッソのスプーンワレット(M)が欲しかったんだ・・・でも、スプーン5枚買う方を選んでしまいました。


材料と作り方

100均で買ったスポンジシート、使い古したクリアファイル、両面テープ(紙用の強粘着タイプ)、グルーガンを準備しました。

 

材料1

スポンジシートとクリアファイルを必要分カットします。

①追加するページの部分(今回は裏表紙・中央の2枚)
②針を刺す部分(各ページ2本×4ページ分を1cm幅の帯状)
③クリアファイル

中央に挟むスポンジシート(1枚)とクリアファイル(1枚)は1cmぐらい小さ目を作ると良いです。

裏表紙と同じサイズだと、ファスナー部分がひっかかりそう。

 

材料2

針を刺す帯状のスポンジシートに両面テープ貼って、ページ部分に接着します。

接着する時の幅は2.5㎝~3cmぐらい。持ってるスプーンのサイズに合わせて幅を決めてください。

 

材料3

それぞれのページをグルーガンで背部分に接着すれば出来上がりです。

完成

完成したので、さっそく刺してみました。

良さげに見えませんか??

(1ページ目)

完成1

 

(2ページ目)

完成2

3・4ページはまだ使っていません。

注意点

便利なグルーガンですが、接着が弱くなる部分があります。

私が感じたのは2か所ですが、グルーが固まってから実際に開け閉めして確認してみてください。「釣り場で1ページ丸ごと落下した・・・」っていう人も居るので、念には念を入れましょう。

スポンジシートと本体のビニール部分

くっつきますが、すぐに「ぺりぺり」っと剥がれてきます。本体ケースのメッシュにグルーを絡ませるように塗って、スポンジシートと接着してください。

表・裏表紙を接着する際、メッシュが無いファスナーに近い部分は両面テープを使用しました。

テープも紫外線等により劣化すると思いますが、その時には貼り直せば良いかな・・・と。

背表紙の金具部分

背表紙にファスナーを留める金具が付いていて、そこだけ段差になってしまいます。

スポンジシートの金具が当たる部分を2㎜×2㎝ぐらい切り取って段差を埋め、グルーで接着しました。

ただ金属部分は接着が弱くなるため、金具部分の周辺生地に多めに付けて要補強です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました